これまでに取り組んだこと

これまでに取り組んだこと

1.教育・福祉に関すること

  • スクールソーシャルワーカー(SSW)の人員増加と働きやすさの改善、並びに相談体制の強化
  • 困窮世帯の学用品世帯負担の軽減・就学支援金の早期給付
  • 子供たちが自分を大切にし、犯罪に巻き込まれないための「性に関する指導」の効果的な実施
  • 教職員の人材確保(定年退職者がピークを迎えるなか、特別支援を要する児童生徒数が増加することに備えて)
  • 発達に関する相談を受けられるための体制強化


2.防災減災に関すること

  • 津波高潮危険地帯への避難施設の建設・設置(継続中)
  • 災害時・予防的避難時、避難想定人口に見合った避難所開設
  • 避難所の混雑状況をスマホやPCで確認できるシステムの導入
  • 熊本地震で被害を受け復旧していない小島防災センターの活用へ向けて(継続中)
  • 地域版防災マップ作成の推進
  • 防災と地域防災連絡会との連携強化


3.新型インフルエンザ・ワクチンに関すること

  • 感染者への差別防止・風評被害の防止
  • ワクチンを接種しない方への同調圧力や差別の防止

4.農水産業・経済・環境に関すること

  • 企業立地・誘致の促進
  • 新規就農の定着率向上と生産者の販路を拡大
  • 空き家バンク開設・効果的な運用と、所有者不明家屋の発生防止
  • 気候非常事態宣言を発出し温暖化防止の取り組みを加速

5.インフラに関すること

  • 有明海沿岸道路二期の早期実現要望(継続中)
  • 小島新地地域の命の道(避難道路)の建設(継続中)
  • 地域防犯灯設置の町内への助成金額を地域の特性に合わせた設定へ見直し(継続中)
  • 熊本港の活性化に向けて県と関係機関との連携強化


6.男女共同参画に関すること

  • 災害対応にあたる市職員のこどもを一時預かるための場所の設置 ※災害時こどもだけでの自宅待機を回避するため(継続中)
  • 市職員のメンタルヘルスチェック体制強化


7.西区に関すること

  • 津波高潮危険地帯への避難施設の建設・設置(継続中)
  • 熊本地震で被害を受け復旧していない小島防災センターの活用へ向けて(継続中)
  • 道路の拡張・補修・維持・草木の管理・街路灯設置など安全を担保するための土木関係の整備
  • 地元中島校区にこども食堂開設(月に一度の開催)
  • 千金甲古墳・周辺地域を一体とした観光や災害時の避難に効果的な活用(継続中)

 ページ上部へ戻る